人生を豊かに幸せに生きる ~ジバゴの自己啓発カフェ~

ようこそジバゴの自己啓発カフェへ。ここでは人生を豊かに幸せにするための秘訣を紹介していきます。辛いときや鬱なときやる気がないときや行き詰ったときに見に来てください。

小さなことでイライラしないために 〜不当な批判を気にしない方法〜

      2015/07/24

最近はちょっとしたことでイライラしたりしている人が多くなりましたね。一人でイライラしているだけならまだしも周りに迷惑をかけたり。はたまた傷害事件や殺人事件までにも発展してしまうほどの社会問題となってしまっています。

幸せに生きていくためにはどうでもいい小さなことでイライラしないことが重要です。

ですが、自分らしく生きていこう、自分に素直に生きていこうと思うとどうしても他社の批判を受けることがあります。相手は悪気がないちょっとした発電であっても当人にとっては気にかかり、一日中イライラしてしまうことがあります。

今回は他社からの不当な批判、ちょっとした事でイライラしたり落ち込んだりしないためにはどうすればいいかについて紹介したいと思います。

小事にこだわるには人生はあまりにも短いことを心にとめよ

普段何気なく生活していてもちょっとしたことが煩わしかったりイライラしたりする出来事に出会うことが多いでしょう。

例えば、ゆっくり横断歩道していたら右折車からクラクションを鳴らされたり、新幹線で前の席の人がフルで席を倒してきたり、LINEで既読スルーされたり、近くの客の食べ方が汚かったり、電車で椅子に座れなかったり、寝坊したり、ガムを踏んでしまったり、休日に雨が降っていたり、子供がいうことを聞かなかったり、部下が生意気だったり、上司が面倒臭かったりと、生活しているといろんな場面に遭遇します。

1週間に1回そういう出来ごとに出会う人もいれば、毎日出会って、毎日イライラしている人もいます。

この違いは単に運がいいとか悪いとかではなく、同じ出来ごとに対してイライラすると考えるか、どうでもいいと考えるかの違いによるものだということは理解しておいてほしいです。同じ出来事であっても、イライラしていつまでも考える人もいれば全く気にも留めず生活している人もいます。

ではどうすれば気にしない生活をすることができるか。この言葉を常に思い出すようにしてください。

「小事にこだわるには人生はあまりにも短い」

あなたは何のために生れてきたのですか?

答えはすぐには見つからないとしても少なくともそんな小さなことにイライラする時間は無いはずです。

友達に遊びのドタキャンをされて一日中イライラしてり、買った服がいまいち似合わなかったことに一日イライラしたり、さらには上司や友達に自尊心を傷つけられた場合、ずっとその人のことを考えてイライラしている人もいるでしょう。一日に1回は思いだし、いつか仕返ししてやろうとイライラしている人もいるでしょう。

人生は長いようで短いです。そんな小さなことにイライラするのであれば一生イライラすることになります。例え一つの出来事が解決できたとしてもまた同じような出来事に遭遇し、イライラしてしまいます。

確かに相手に否があるかもしれません、ですが、ちょっと自分が我慢すれば耐えられるような小さなこと(例えばウォークマンの音漏れ、部下の敬語の使わなさ、ガムを踏んでしまった等)であれば相手を変えるよりも自分を変えるほうがよっぽど簡単で有意義です。もちろん、間違っていることに対してあなたが指導してあげることは大切ですが、イライラする必要はありませんし、そんな時間はあなたの人生にはないはずです。

まずは「小事にこだわるには人生はあまりにも短い」ということを理解しましょう。

他者からの誹謗中傷・批判を気にしないためには

他者から悪口を言われたり、または影で悪口を言われている噂を聞いたりしたことはありますか?

全く気にしない人であればいいのですが、最近の人はちょっとした非難でもすぐへこみ、鬱になってしまう人も多いようです。そして、誰からも悪口を言われないように目立たないように目をつけられないように無難に無難に仕事や生活をする人になってしまうようです。

そんなことでは自分の意見も主張できなくなりますし、鬱になり、人生が楽しくなくなってしまいます。他者からの批判を気にしてはいけません。

ではどうすれば気にしないようにすることができるか。二つ上げてみます。

1.死んだ犬を蹴飛ばす者はいない

批判は形を変えた賛辞だといわれています。

つまり、批判されるということはそれだけ注目されており、一方では実力を認めているということを意味します。本当にどうでもいい相手であれば誹謗中傷等はする必要は無いはずです。

例えばあなたが仕事で好成績を上げていて上司に褒められていたことについて影で同僚が悪口を言っていたとします。なぜ悪口を言うのかといえば、恐らく妬みによるものが大きいでしょう。一方ではあなたの実力を認め恐れているからなんです。

日本代表のサッカーの試合を見ていてもわかりますが、非難を受けるのは常にフィールドプレーヤーです。ベンチの選手には何も批判はありません。すなわち、死んだ犬を蹴飛ばすものはいないということなんです。

2.人は間違った評価する

多くの人はあなたの一側面しか見ていません。その一側面をみて、評価を下しています。

例え、あなたが間違った行動をしていたとしても、なぜその行動に至ったのか、原因は他者には知る由もありません。他者はあなたの一側面の行動を見て評価し、非難します。本当に正しい評価は誰もできません。

もちろん、間違った行動をしてしまった場合は反省し直していく必要はありますが、決して他者の批判で心を乱す必要はありません。

他者はあなたの一緒に生活しているわけではないのでどうしても一側面だけをみて不当な評価・批判をしてしまいます。いくらあなたが最善を尽くしても不当な批判からは逃れることはできないでしょう。なぜなら他者は主観があり、一側面しかあなたを見ていないからです。

であれば、そんな間違った評価に気をとめる必要などありません。あなたを成長させる良い意見のみをとりいれて不当な批判は無視するようにしましょう。




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

明日(月曜日)の仕事が行きたくなくて鬱な時の解決法 ~今日一日の区切りで生きよ~

社会人になると特に日曜の夕方は鬱になりますよね。また、明日に苦手な上司と仕事が一 …

仕返しをしたくなったら ~仕返しは高くつく~

長く生きていると色々と大きなトラブルがあるかと思います。 裏切られたり、出し抜か …

恩知らずを気にしない方法

例えば後輩に色々と仕事を教えてあげたり、飲み台をごちそうしてあげたのに、全く感謝 …