人生を豊かに幸せに生きる ~ジバゴの自己啓発カフェ~

ようこそジバゴの自己啓発カフェへ。ここでは人生を豊かに幸せにするための秘訣を紹介していきます。辛いときや鬱なときやる気がないときや行き詰ったときに見に来てください。

子供にやられたらやり返せと教育するのは間違っている

      2015/07/24

現代社会ではいじめによる小中高生の自殺が問題化しています。もしかして自分の子供も苛められているのでは?と考えると安心して子供学校に送ることができなくなっています。

いじめはいじめる方が100%悪いのですが、いじめられる側にも問題がないわけではありません。いじめられても抵抗をしなかったり、弱い部分を見せてしまうといじめっ子は調子に乗ってしまいます。

そこで子供に対して「やられたらやり返せ」と教育する人がいますが、これは正しい教育とは言えません。

ではどうすればいいのか、今回は「やられたらやり返せ」と教育すべきかについて考えたいと思います。

やられたらやり返せというのはあまりに軽率で安易な手段

子供に「やられたらやり返せ」と教育するとどうなるか、相手が暴力や罵声を浴びせてくるとすぐカッとなってやり返すことになります。言葉でのコミュニケーションを知らなければ当然暴力で応戦することになり、相手を痛めつけることになります。

こちらの力が強ければ暴力で相手はへこみますが、決して納得はしないでしょう。相手は静まるかもしれませんが、今度はグループから無視されたりといじめがエスカレートする可能性があります。また逆にあなたの子供の力が強くいじめ側に回ってしまう可能性もあります。いじめられなくなってもそのような結果を望んでいるでしょうか。

また、逆に相手の力が強ければさらに本気の喧嘩になり怪我をさせてしまうかもしれません。親・教師も巻き込んだ問題になる可能性があります。

やった側の親も同じようにやられたらやり返せと教育していたらどうなるか

あなたも子供に「やられたらやり返せ」と教育し、相手の親も「やられたらやり返せ」と教育していたらどうなるでしょうか。よく流行ったドラマで「倍返しだ!」なんてのがありますが、とんでもないことだと思います。

次第に仕返しはエスカレートしていき、最悪の場合、ナイフで刺すまで止まらないかもしれません。

仕返し以外に解決方法を持たない子供に教育してはいけません。

「やられたらやり返せ」というのは爆弾を落とされたから落とし返せというようなものでお互いが不幸になる結果しかありません。

いじめに抵抗することは必要だがやり返す必要はない

「とはいえ、無抵抗ではいじめられてしまうのでは?我が子を助けたい」

確かにおっしゃる通りです。私も無抵抗では解決しないと思います。やり返すことはよくありませんが「抵抗」すること自体は否定しません。むしろ明確に主張することは必要です。

相手が嫌なことや暴力振るってきたら抵抗し、それでもやめない時は暴力で防御することは致し方ないことです。

但し、あくまで自衛に止め、こちらから主体的に暴力振るう(やり返す)必要はありません。

これをしてしまうといじめっ子と同じレベルになってしまいます。

相手の立場になり理解できる人間に教育することが大事

いじめっ子はなぜいじめてくるのでしょうか。以下考えてみましょう。

  • 自分の力を誇示したい
  • 自分は弱いことを感じつつももっと弱いものをいじめて劣等感を晴らしたい
  • 知らず知らずのうちにいじめっ子の恨みをかっている

多くの場合は自分の力を誇示したいことが大きな理由だと思います。いじめをする裏には必ず目的があります。まずは相手の立場になり、なぜその様な行動をとっているのか理解することが大事です。

例えば知らず知らずのうちにいじめっ子の恨みをかっているケースがあります。ちょっとしたことかもしれませんが、過去に自尊心を傷つけられるようなことをされているのかもしれません。いじめっ子はコミュニケーション能力に欠けていることが多いのでいじめでしかそれを晴らすことができません。本当はお互い話し合って誤解を解き、仲良くなることが目的のはずなのに。

大切なことは相手の立場になり、相手の気持ちを理解できる人間に教育することです。

もし子供がいじめのようなことをされたら、相手がなぜそのようなことをするのか考えさせてあげてください。仕返し以外に有効な解決策がないか子供自身で考えさせてあげることが大事です。そして、自分で解決するよう促してあげることが大事です。親や教師が介入していじめっ子をぼこぼこにしても解決にはなりません。

自分がされて嫌なことを相手にやり返すような教育はしてはいけない。

「やられたらやり返せ」と教育すれば相手の気持ちなど考えることはせず、自分が正しいと思い込み安易に暴力で解決するような人間に育ってしまうでしょう。そして、大人になれば自分のことが正しいと疑わない、言葉の暴力によって部下の意見など一切聞かない、あなたの知る嫌な上司のような人間になってしまいます。

どの本にも「やられたらやり返せ」と書いてある本はありません。




Comment

  1. ジャニー より:

    貴殿は自分自身がイジメや不当な暴力にあったことがないからそんな綺麗事が言える。

    死んでしまっては全ては無に帰す。

    ならば、相手を刺してでも自分は生き残るべきではないのか?

    死ぬか、相手を殺すかの選択肢しかない時、あなたはそんな綺麗事を言って死ぬのか?

    あるいは愛する我が子や配偶者を見殺しにするのか?

    そのあたりの事をよく考えた上での発言をして頂きたいものだ。

    • 学童職員 より:

      「やり返す」にも”やり方(対抗手段)”あると思います。
      殴られたら、殴りかえす。ではなく。
      殴られたら、助けを呼ぶ。叫ぶ。先生を呼ぶ。親に話す。いろんな人に話す。警察に相談する。殴られた証拠を集めて書類にまとめ、いじめ専門の探偵に相談する(今増えているそうです)。

      何も「やられたら何もせずじっと耐えろ」というわけではないと思います。殴り返す以外にも身を守る手段はたくさん!いくらでも!あります。

      学童には「やられたらやり返せ」と親に言われ、その通り、ちょっとちょっかいを出されただけで怪我をさせるほどやり返す癖のついてしまった可哀想な子どもが存在するのです。こうなると「問題児」として扱われてしまいます。

      もちろん殺されてしまうほどの暴力に遭遇してしまったら正当防衛は有効!そんなのは当たり前。それは非日常的の世界。身を守るべき。

      あくまで日常の中の、子どものコミュニケーションの中に、
      「暴力」
      が、必要なのでしょうか。

      「助けを求める力」をつけてあげてください。
      大人が味方してあげれば良いのです。

  2. 名無し より:

    そんな寝ぼけたことを言っていても問題は解決しませんよ。
    子供から大人になるまで、なってからもいじめや嫌がらせの場面を見てきました。
    やり返さなきゃ相手はもっと増長しますよ?
    いじめはいじめてくる相手の問題と言うのならその相手を懲らしめないといけないですよね。
    同じ土俵に立ちたくないとか言ってる人いますが、やり返す勇気がないだけではないですか。
    現状を変えようと思っているならば、相手に自分の怒りをぶつけて自分にちょっかいかけた事を後悔させてやるって位の気持ちでぶつからないと何も変わらないです。
    優しく育てすぎて自分のことも守れないようじゃ、それこそ親の教育のせいですよ。

    ※頭のおかしい人にはやり返さないでスルーする。

    • zhivago より:

      あなたのような考えを持つ人が増えれば増えるほど世の中は住みにくく、窮屈なものとなります。
      あなたが言っていることは、例えば自分の子供の靴を隠されるといういじめをされたのであれば、同じようにその人の靴を隠せと言っているようなものです。
      やり返すというのはその低いレベルの人と同じことをするということです。いまいちど本当にそれでいいか考えてみてください。

  3. 理想論を語る馬鹿に物申す より:

    ブログ主へ
    あんたみたいな平和ボケした人間が子供を殺すんだよ。そんなぬるいこと言ってるから、イジメが助長するんだよ。イジメはもう学校だけの問題じゃない。命の、その子の人生の問題なんだよ。仲良くなるとかそういう問題はとっくに通り越してんだよ。いじめた人間と同レベルに落ちるからなんだ?それでいじめが止むのなら、安いもんだろ。命より尊厳を優先しろってか?あんた、気狂いだよ。何を言っても、暖簾に腕押しみたいだしな。
    そんな子供じみた理論が大人のイジメにも、子供のイジメにも通用すると思ってんのか?理想論を振りかざすな。頭でっかちの馬鹿め。

  4. けん より:

    私も小学校で2年間地獄の様な生活を送りました。 そこである日、やられた事を倍返しでやりました。 お陰様で40歳で今でも少し暴力的な性格です。ナイフで殺し合うとか、言われてしまえば、退きますが 子供の喧嘩でそこまで行く事はあまり無いでしょう。
    やられたら、やり返す教育のどこが間違っているのか 上の文から明確な答えが一つも見当たらないです。 そもそも いじめ問題に解決策なんてものは無いんです。 やられたら、やり返すのは、当たり前。 愛する我が子に手を出されたら 私なら必ずやり返させます。

  5. いじめっ子 より:

    やり返すなって教育されてる子供はいくら虐めても耐えるから、生涯いじめられっ子になるよね。まぁいじめる側からしたらやり返されないから、ずっとイジメが出来るいいサンドバッグなだけですよ笑。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした